アリバイなら当サイトにお任せ!

このサイトではアリバイ会社での確定申告の書類作成を依頼するのは違法になるかや、源泉徴収票を作成する料金目安・依頼できる書類作成一覧・就労証明を発行出来る・生命保険に加入できるかについて紹介してます。
何らかの理由で依頼しないといけなくなった時に、必要書類を代行して作成してくれます。
作成に関しては専門知識を持っているスタッフが使用目的や状況などを聞いてから、それにあわせて作るのでまず作ったということはわかりません。

アリバイ会社で確定申告の書類作成をするのは違法か?

アリバイ会社で確定申告の書類作成をするのは違法か? アリバイ会社で確定申告で必要な書類を作成代行してもらった場合、これが違法になるかが気になるところです。
例えば源泉徴収票をアリバイ会社で作ってもらっても、違法にはなりません。
よく刑法の私文書偽造になるのではといわれますが、これは他人の名称や印象を使って無断で文章を作成することを罰するものです。
会社で作る源泉徴収票だと在籍専用会社が発行するので、法律の条文には該当しません。
簡単に言うと他人の名前を勝手に使い書類を作る行為ですが、実際に給料を支払っていないため内容は虚無ですが、法律の偽造と虚無記載は別であくまで私文書になるので罰則対象ではないです。
私文書偽造は偽造を罰したもので、虚位記載を罰する規定はなく会社が代行作成したといても法律には違反していなことになります。

アリバイ会社は課税証明書は作成してくれない

アリバイ会社は課税証明書は作成してくれない 課税証明書はその年の1月1日から12月31日までの1年間の所得に対する住民税額を証明するもので、所得金額も同時に記載されるので所得証明書や収入証明書とも呼ばれてます。
その年の住民税の課税額は前年の所得をもとに6月に決まり、住民税額は1年または2年前のものです。
1月から5月までは前年の住民税額を証明するために交付してはいません。
また、交付するところも証明する年の1月1日時点の住所地の市区町村で、公的機関の書類なのでアリバイ会社に依頼しても作成はしてくれません。
主な内容は一般的に、納税者の1月1日時点の住所と氏名、所得の種類・金額、課税標準額、住民税の内訳と税額・所得控除額・扶養者の人数です。
提出先や用途によって一部の項目を省略した証明書でもよいこともあります。
証明書の受け取りは役所で、運転免許証・住基カード・パスポート・保険証・年金手帳などを窓口で提示し手数料を支払うと交付してくれます。
発行手数料は1通が約300円で各自治体によって違います。
最近はマイナンバーの交付でコンビニでも受け取れるようになる予定で、一般の人だと賃貸契約ではあまり必要ではないですが、借りる部屋や不動産会社により必要になったりします。
必要になったからといって、アリバイ会社へ依頼してもこれは作成できないため公的な機関で発行してもらったほうがいいです。

アリバイ会社についてはコチラもチェック

アリバイ会社は信頼が命