アリバイなら当サイトにお任せ!

生命保険に加入できるか

生命保険に加入できるか アリバイ会社を利用して中には生命保険に加入したい方もいるかもしれませんが、これは法的な問題にもかかわってくるので対応してません。主なアリバイ会社では質問のコーナーなどでも使えないと記載してます。生命保険は誰でも入れるわけではなく、一般的に病歴・通院歴などを告知しないと駄目で、この時に正しく告知しないと後から保険金や給付金が支払われないなどトラブルになる恐れもあります。
保険は生活の保障をする大変大事な役割がありますが、中には色々な理由で加入したくても出来ない人がいますし、はいるには被保険者の告知や医師の診査を受ける必要があります。告知や診査で保険会社の査定に通らないと、不可となります。出来ない場合は病院に通っていることや最近通っていた場合で、保険会社は保険金や給付金を支払う可能性が高い人は承諾しません。また、病気を患ってなく通院してなくても、将来的に病気のリスクが高くても断られる可能性もあって、肥満や痩せすぎ、BMIの数値が保険会社の基準を超えたり下回る人などは、標準の場合と比べると難しくなります。

アリバイ会社は私文書偽造にあたるのかどうか

アリバイ会社は私文書偽造にあたるのかどうか アリバイ会社を利用して家やお金を借りる場合、源泉徴収票などを偽造してもらったりします。その源泉徴収票を使用して審査が行われるため良くないことではあります。
アリバイ会社が作った偽造書類は、私文書偽造の罪にはあたりません。私文書偽造は、他人の名前や印鑑を使用して、本人の承認を得ることなく文書を作成することです。他人のという部分には当てはまらないため、虚偽記載にはあたりますが罪に問われるかというと法律的には規定はありません。アリバイ会社が摘発されたこともありますが、この罪で摘発されたわけではありません。しかし、虚偽記載をして審査を通過してしまったあとにバレると問題になることもあります。
家を借りた場合なら、強制退去になる可能性もあります。利用した本人の信用にも関わってきますので利用しない方がいいです。後々のことを考えると、アリバイ会社を利用するとなく審査は受けましょう。家が見つからないなど悩んでいるなら、きちんとした不動産会社に相談した方がいいです。